308

25日はシネコンでライブ中継をみました。

24日が前編、25日が後編という話だったのでガラッと変わるのかなと思ったらそれほど変わらずw

昨日との違いはWe Love The Earth、Seven Days War、Human System、1974、最後にTime Machineという感じ。
We Love The Earthは大好きなので嬉しかった。

24日に続き25日も演奏中に音が消えて演奏が中止されるトラブル?が発生。24日は現地にいて状況がよくわからず本当にトラブルなのかなと思ってましたが、これ演出なんですね 😉
ライブ中継では妙に演出じみたカメラワークと切迫感のないスタッフの表情にニヤニヤしてしまいました。

意味深な手紙の演出は以下の内容が書かれた雑誌の表紙?が来場者に配られたらしい。

2012年4月
僕たちはたくさんの人たちと音楽を共有しているはずだ。
かっこいい音を。
1974年4月 TMNETWORK
35.6643191
39.697753次はここだろう。

これからまた1974年に戻るという設定なんでしょうか。ループネタ?
ライブ中継での参加組にはなんのフォローもなかったのはちょっと残念。

シネコンでライブ中継(ライブビューイング)は初体験でした。
映像は非常に鮮明でびっくり。フルHDぐらいの解像度はあったのではないでしょうか。途切れることもありませんでした。

あんまり関係ないですが、小室先生のキーボードのそばにGoProが2台レールに乗っかって設置されてました。レールの上を自動で動きまわっていて凄く気になってしまった ;) 中継ではソレらしき映像はなかったのでDVDに使われるのかな。
GoProの超広角レンズでキーボードでパフォーマンスする小室先生とそのバックに武道館の満員の客席の絵というのはなんとも凄そうです。

音声もライブとは思えないぐらいヴォーカルが聞き取りやすくクリアでした。
ただクリアすぎてライブ感が薄いというか、臨場感があまりないというか。
5.1chらしいですが、音に囲まれるという感じはなく、CDを聞いているような感じかな。
あとはちょっと全体的に音量が控えめという印象。
臨場感ではなく音楽を楽しむという意味では武道館で直接聴くよりよいのかも?

中継会場の雰囲気は映画鑑賞時とまったくかわらないですねw
立ち上がるのは勿論ないし、歓声もほぼゼロ。軽くリズムをとるのすらイスが揺れてしまうかなと躊躇してしまいました。

座りやすいシートでゆったり”鑑賞”するという意味ではすごく良いと思いましたが、騒ぎたい人は行かないほうが良いと思います 😉

今回は1日目を現地で、2日目を中継で、という感じで別の角度から楽しむことができたので新鮮でした。

やっぱりライブは現地で楽しむのが一番だと思いますが、チケットが取れなかったり遠くて行けない場合等あるので、選択肢としてライブ中継(ライブビューイング)も用意してくれるとありがたいですね。

Comment now!
















Trackbacks