259

東のエデンが例のごとくニコ生でやっていたのでTV版と劇場版2作、全部観てしまいました。

2回目の試聴ということでコメントは表示したまま楽しみました。コメント表示は他人がそのシーンについてどう感じたのかわかったりして楽しみを増幅してくれる反面、悪意のあるネタバレをする人もいるので、初見の場合はコメント非表示が無難ですね。

以下、軽い感想(ネタバレ含む)。

TV版は空っぽになった滝沢が無くしたものを取り戻していく過程の話で、わかりやすく飽きさせない構成で非常に楽しめました。最終話では主要な要素の謎は一通りわかり、なおかつミサイル迎撃というこのアニメにしては絵的に派手な要素で締めくくるので十分なカタルシスを感じられます。

一方のTV版の続きである劇場版2作品はよくも悪くも人を選ぶという印象。
劇場版ということでTVでは実現出来ないような派手な展開を想像していたのですがまったく逆でした。
説明的な台詞がおおく物語が淡々と進んでいきます。劇場版1と2は同時上映ではなく別に公開されたようですが、正直、二度も映画館に足を運ぶほどの期待度で観にいったら結構ガックリくるのではと思ってしまいました。
劇場版2で物語は一応の完結を迎えるのですが、ラストの滝沢の演説のシーンも人によって大きくとらえ方が異なりそうで、明確な答えがでるような終わり方ではありません。

明確な答えがでない物語はダメだ、という訳ではないのですが劇場版はもうすこしエンターテイメント的な要素を追加して欲しかったと思います。

見終えて結構時間が経っていますが「この国の空気」から始まり、「上がりを決め込んだおっさん」「一億総他人任せ国家」などぐさぐさくる印象的なキーワードが頭の中に残っています。劇場版も余韻を楽しむということを含めるとかなり良い出来なのかなと思いました。

かわいいキャラクターで軽い作品かと思いきや、中身のずっしり詰まった作品でした。一度だけではなく何度も観て味わえるアニメです。いろんな人の感想を聞いてみたいですね。

Comment now!
















Trackbacks